建築計画を進めるにあたり各過程(設計 – 施工 – 完成)にはそれらに関わる様々な業務、業者が必要になってきます。

インドネシア(特にバリ島)には日本には無い様々な規制やルールがありますので土地の取得や運用目的によって必要な手続き、それぞれの業務を扱える業者等が違ってきますのでお客様の目的にあわせてアドバイスやご説明等もさせて頂きます。

WORK PROCESS

2018
8月 9

コンタクト



まずはメールやお電話でお気軽にご連絡ください。 お客様のご希望についてお伺いしアドバイス等をさせて頂きます。 また用途に合った土地を探す、既に所有している土地の有効利用についてのご相談などもお気軽にどうぞ。 ご連絡はメールの場合日本語での応対可能が可能です。 お電話の場合英語もしくはインドネシア語での受付になります。(日本人デザイナーが商談や外出等で電話に出られない場合がある為)
8月 9

カウンセリング(無料)



ご希望される内容について弊社スタッフと共に検討していきます。(基本的に弊社にて面談) 弊社にある参考資料なども見ていただきお客様のご希望を聞きながら簡単な手書きイメージデザイン等も作成します。 完成に至るまでに関わる構造設計、設備設計、施工業者、各種許可取得等や費用面等のご説明やご相談をさせて頂きます。(ガーデンデザイン、インテリアデザイン:必要な場合)
8月 9

基本コンセプト提案資料の作成



仮契約・Rp10,000,000-Rp30,000,000のデポジットを頂いております)

カウンセリングの内容に基づいたコンセプトデザインを作成するにあたり、 現地にて敷地条件や周辺環境を調査します。正確な地形、広さを早期に把握するため、同時に専門業者による測量調査お勧めしております(費用別途)。これらをふまえて、コンセプトデザインを作成します。さまざまな可能性を検討した上で、設計者として自信をもってお勧めできる案に絞って提案させていただきます。 この段階で頂くデポジットは提案資料の作成の実費経費とお考えください。 本契約へ至った場合は本契約代金から差し引かせて頂きます。
8月 9

本契約



仮契約で検討、精査された内容を基に正式な契約を締結させて頂きます。設計期間については、お客様の大切な建物を間違いなく作ることが出来るよう、余裕を持った設計期間を提示させて頂くようにしています。 ※設計料は規模、内容によって異なってきますのでカウンセリングの際にご説明させて頂きます。
8月 9

基本設計 



コンセプトデザインをベースに、ご納得いただけるまで、打ち合わせをくり返します。基本的に三つの段階に分け、各段階でご納得いただいた時点で、デザイン承認とし次の段階に進んでいきます。 建物の詳細とともに、床、壁(内外)天井、建具などの材質と仕様を決定していきます。構造や設備などの設計、仕様決定も同時に行います。 弊社で作成する図面等を基に構造計算、設備設計について外部コンサルタント(外部業者)に依頼し設計を固めていき同時にIMB(建築許可)取得に向けて外部の法的コンサルタントを交え申請書類の作成も進めます。
8月 9

実施設計



基本設計をもとに、見積、実際の工事に必要な設計図書(様々な詳細図面と仕様書)を作成します。
8月 9

見積もり・施工会社選定



設計図書が作成できた段階で複数の施工業者に入札を実施し詳細な見積をとります。 施工会社からの見積書をチェックし見積もり額がお客様のご予算にそぐわない場合、設計変更や各種調整を行います。

金額、見積内容の正確さ、施工技術、施行実績などを検討して、お客様へ業者選定のためのアドバイスをさせて頂きます。 施工会社が決定した後、建て主さんと施工会社との間で設計者立会いのもと工事請負契約を結びます。

施工業者については弊社からも複数社ご提案しますがお客様の方でご希望の施工業者を探して頂くことも可能です。 弊社はお客様がベターな選択ができるようサポートしていきます。
8月 9

現場検査・指導



通常の住宅物件では2週間に一度または上限14回の現場検査を実施します。施工業者の工事をクライアントを代理して設計図書通りに施工されているか確認し、施工図などを認証します。また施工改善要望書を作成し施工業者に施工のやり直し、改善、補修などを指示します。
8月 9

完成



工事完了は3つの段階の検査を経て承認されます。最終是正チェックリスト作成、最終検査、メンテナンス保障期間(最小4ヶ月、または雨季の通過)。